top of page

白門祭1日目

11月3日、この日白門祭が無事に開幕した。来場制限の無い会場には、文化の日ということもあり内外訪わず数多くの人が訪れ活況を呈していた。今回は、この日展示を行ったサークルの中から3つに取材を行ったものを掲載する。


鉄道研究会 @6104教室

ドアを開けると、そこは鉄道の大集合であったー鉄道模型やプラレール、写真から実際に路線で使われた道具まで揃っている。小さなお子さんから年配の方まで幅広い世代が足を運んでおり、展示物に目を通していた。

コロナ禍でも可能な範囲で乗車等の活動は続けていたが昨年は出展が無かった。責任者曰く今回は「3年ぶりで普段より"鐵分"多め」な展示であり、「何としても大成功で駆け抜ける」と気合い十分だった。


コーヒー同好会 @Aブロック

昼の12時頃に入口付近のブースに向かったところ、何とも長い行列が目に飛び込んで来る。今回の白門祭では少数派だった飲料販売系の企画の中で一際異彩を放つ光景だ。6,7人いた部員は皆忙しくコーヒーを提供する作業に打ち込んでいた。

飲食業界はコロナ禍において深刻なダメージを受けたがそれはコーヒー同好会も例外ではなく、昨年はコーヒーパックを販売するに留まった。「3年前が戻ってきた」とは4年生の部員の方の弁。やはり飲食が無ければ白門祭は成り立たない。


同時刻の通路の人集り。飲食系がやはり大盛況だった


映画研究会 @8205教室

取材を行った時間帯に上映された作品は、薄暗い大教室のスクリーンに不気味な雰囲気の内容がマッチしていた。「多くの人に評価してもらいたい」という部員の言葉通り、感想をアンケート用紙に記入し提出してから話を伺う。

コロナ禍でも撮影や企画は継続していたが、出演者やロケ地の都合がつけ辛く苦労が伴ったそうだ。昨年は上映が叶わかっただけに「映画を見て興味を持ってもらえたら」と期待を込めていた。

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

移転後初の学園祭 その様子はいかに…

2023年度の白門祭は、法学部にとっては茗荷谷キャンパスに移転してから初の学園祭となった。茗荷谷キャンパスは近隣に住宅が多い上に、屋上庭園こそ存在するものの多摩キャンパスや後楽園キャンパスのようにブース設置が可能な屋外の広場が無い。そのため企画は体験会や展示が多い代わりに飲食関係の出店や屋外イベントが大幅に縮小されており、他キャンパスのように音楽や歓声が響き渡る光景はお目にかかれない。そのような中

「様々な人が楽しめるように」 白門祭実行委員に聞く

茗荷谷キャンパスでの白門祭の企画・運営を行った中央大学白門祭実行委員会茗荷谷事務局長の坂本珠生さんにインタビューを実施した。(高松) 茗荷谷キャンパスでの白門祭はいつから計画していたのですか? 記録上、茗荷谷キャンパスでの白門祭を実施すること自体は、法学部が都心に移転する方針が発表された2015年付近から検討されていたようです。実際のところ、茗荷谷キャンパスに関する情報が全くない中での具体的な計画

Comments


bottom of page