top of page
  • 執筆者の写真中央大学新聞

伊豆パノラマパーク

 3日目は伊豆パノラマパークを訪れた。伊豆パノラマパークは山頂から駿河湾や富士山を一望できる場所だ。頂上まではロープーウェイで移動でき、ロープーウェイは標高442メートールの葛城山山頂へ一直線に進んでいく。乗車時間は片道7分と短いが眼下には伊豆長岡温泉の街並みが広がりゴンドラの高度が上がってくにつれて伊豆の街並みが一望でき、とてもワクワクした。ゴンドラは思っていたよりも早く進むため、ちょっとしたアトラクションに乗っているみたいで楽しかった。


碧テラスからの眺め

 山頂には「碧テラス」という展望広場があり水盤を使った展望デッキや自由にくつろげるソファやベンチがあり雄大な景色を開放感に包まれながら見ることができる。あいにく私たちが訪れた日は雲が多く富士山を見ることができなかったが、駿河湾を一望することができた。運が良ければ水盤が水鏡になり逆さ富士を見ることができる。山頂には葛城山の名前の由来になっている平安時代からの歴史を誇る「葛城神社」がある。さらに「碧テラス」の奥にある遊歩道を歩いていくと、木漏れ日が美しい小径「ボードウォーク」に辿り着く。ボードウォークを抜けた先の階段を上がると現れる展望台は、自然豊かな街並みが一望できるスポットで「碧テラス」からの絶景とはまた一味違う風情ある眺めと、季節ごとに異なる木々の表情を楽しむことができる。また山頂には様々な絶品スイーツが頂ける。私は「葛城珈琲」で「駿河オーシャン」という飲み物を注文した。葛城オーシャンはグレープフルーツジュースが入っており、さっぱりとした味わいで暑い夏にぴったりだった。見た目も涼しげな青色でインスタ映えすること間違いなしだ。冬は富士山を眺めながら足湯を楽しめるため、いつ訪れても楽しめる観光スポットだ。山籠エリアにはお土産売り場が充実していて旅行のお土産を買うのにぴったりだった。皆さんも絶景を見にぜひ訪れてみてほしい。(松村)

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page