top of page
  • 執筆者の写真中央大学新聞

【波紋】日常に散らばっているメッセージ

 東京で桜が開花したらしい。桜の花言葉は、「精神 美」「純潔」。確かに、桜を見ていると心が洗われる。毎年、多くの人が桜の名所を訪れるのも納得である。ところで、花言葉とはなんだろうか。調べてみると、花言葉は「花などの植物に対し象徴的な意味を持たせるもの」だという。例えば、オリーブなら「平和」、バラなら「愛情」を表す。一種のメタファーだ。その花を見るだけで人々は、象徴的な意味を読み取る。

 人に何かを伝えるのは、言葉だけではない。様々なところにメッセージは隠れている。私は、よく喫茶店で勉強する。長居をしていると、店員の方が空いたお皿を片付けにきたり、「お水をお注ぎしましょうか」と尋ねられる回数が増えてくる。間接的に、席を空けるように促しているように思え、なんだか居心地が悪くなる。自意識過剰と言えばそれまでだが、京都の人の「お茶漬けいかが」が「帰れ」のサインと聞いた時は、震え上がった。日常生活だけでなく、外交の現場でも隠されたメッセージがあるらしい。

 2015年10月、中国の習近平国家主席がイギリスを訪問した。この時、習氏を歓迎する晩餐会がエリザベス女王主催で開催された。豪華な料理に招待客が舌鼓を打つ中、出されたワインは、フランス・ボルドー産のシャトー・オー・ブリオンの1989年もの。そう、1989年は、中国にとって最も触れてほしくない「天安門事件」の年だ。「天安門を 忘れない」というメッセージだろうか。それとも深読みしすぎだろうか。真相は闇の中である。英国王室は、その性質上、表立った政治的発言はできない。だが、こういったところで密かなメッセージを発しながら、外交をしているのかもしれない。

 ともあれ、自分の言いたいことを相手に適切に伝えるのは、非常に難しい。「ハラスメント」という言葉がある。最近では、これに派生する言葉が乱立している。 「セクシャル・ハラスメント」などは昔からあるものの、正論で相手を追い詰める「ロジカル・ハラスメント」さらには、「ハラスメント」を受けたことをしきりに訴える「ハラスメント・ハラスメント」など、なんだか整理が追いつかない。全てに共通するのは、コミュニケーション不足ではないか。もちろん悪意があれば大変な問題だが、悪意なく他者に「ハラスメント」をしてしまう場合もある。この場合、相手に自分の意図をきちんと伝えられておらず、あらぬ誤解を与えてしまっているのではないか。

 コミュニケーションは、双方向的なものだ。自分の意図を相手に正しく伝えると同時に、相手から正しく受け取ることもまた大切だ。そういえば、「試験」もそうだ。試験は自分の答えたい解答を用意するのではなく、出題者の意図をきちんと汲み取り、答えることが必要である。新入生の皆さんは、 その問題の意図を汲み取ることに見事成功したのだ。

 ただし、大学では、時に相手の意図を忖度せず「空気を読まない」作法もまた価値がある。というか、「空気を読まない」のが学問だ。歴史的にも、底知れぬ好奇心に動機づけられた研究が、イノベーションを生み出してきた。社会の要請によるものというより、むしろ社会の潮流に逆行するようなものも多々あった。私も、残り二年のモラトリアムで、自由に知識の花を「満開」に咲かせたいものだ。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【波紋】月に祈る

2024年1月20日、JAXAの小型探査機「SLIM」が月面に着陸した。これにより、日本は、ソ連、アメリカ、中国、インドに続き、5か国目に月面着陸に成功した国となった ▼月――地球の周囲を約38万キロメートル離れて公転している惑星。直径は約3476キロメートルで、重力は地球の約6分の1。誕生に関しては、別の星を地球の重力で捕らえただの、地球に星が衝突したときの欠片が集まってできただの諸説ある ▼そ

【波紋】アイデンティティーで裁き合う世界で生きる

「子供の1年は大人の10年」という言い回し(ジャネーの法則と呼ばれるようだ)があるが、最終学年への進級を控える筆者にとっては時が経つのが本当に早く感じられる。2024年は中央大学法学部の茗荷谷移転から早くも1年が経過し、さらに能登半島地震や羽田空港の飛行機衝突など年始から不穏な事件が相次ぐ中、今年も決して平易ではない入学試験を突破した新入生の皆さんが中央大学の学生の一員としての生活を始める。毎年様

Comments


bottom of page