top of page

白門祭1日目レポ② 絵本シアターイーハトーヴ

絵本シアターイーハトーヴ @8号館2階8207教室

中央大学児童文学研究会イーハトーヴ


  8号館の一室では、絵本の上映会を行っていた。上映されている作品は、すべてイーハトーヴの会長が独自に運営し、イーハトーヴが制作協力するyoutubeチャンネルに投稿されたものだ。スピーカーから聞こえるナレーションは、とても聞き心地の良いものだった。声を当てているのは会員に加えて、自分たちが手配したプロの声優が読み聞かせをしているというのだから、驚きである。絵本の創作にイラスト、ナレーションを会員と分担して作り、一つの作品としてまとめていく。当日上映していた『広島原爆投下』などは、実際に体験した人に聞いた話を基に作っており、こだわりを感じる。




『広島原爆投下』に出てくるイラストの一つ


 コロナ禍以前の白門祭では、絵本喫茶として展示を行っていたそうだ。しかし、新型コロナウイルスの影響により、飲食の提供が禁じられたため、絵本上映会という形に変更された。去年までは来場者が制限されていたので、一日に2〜3人しか来なかったという。しかし、来場者の制限が緩和された今年では、午前の段階で20〜30人も見に来たそうだ。


 他の展示が学生や受験生、社会人で賑わっているなか、絵本上映会では子供連れの母親の姿が多かった。静かではあるが、子供の目は輝いており、楽しんでいる様子が分かる。母親もその様子を微笑ましく見ている。そこには、上映されている絵本の温かいストーリーに添うような温かい空間が広がっていた。(江崎)

閲覧数:89回0件のコメント

最新記事

すべて表示

移転後初の学園祭 その様子はいかに…

2023年度の白門祭は、法学部にとっては茗荷谷キャンパスに移転してから初の学園祭となった。茗荷谷キャンパスは近隣に住宅が多い上に、屋上庭園こそ存在するものの多摩キャンパスや後楽園キャンパスのようにブース設置が可能な屋外の広場が無い。そのため企画は体験会や展示が多い代わりに飲食関係の出店や屋外イベントが大幅に縮小されており、他キャンパスのように音楽や歓声が響き渡る光景はお目にかかれない。そのような中

「様々な人が楽しめるように」 白門祭実行委員に聞く

茗荷谷キャンパスでの白門祭の企画・運営を行った中央大学白門祭実行委員会茗荷谷事務局長の坂本珠生さんにインタビューを実施した。(高松) 茗荷谷キャンパスでの白門祭はいつから計画していたのですか? 記録上、茗荷谷キャンパスでの白門祭を実施すること自体は、法学部が都心に移転する方針が発表された2015年付近から検討されていたようです。実際のところ、茗荷谷キャンパスに関する情報が全くない中での具体的な計画

コメント


bottom of page