top of page
  • 執筆者の写真中央大学新聞

茗荷谷キャンパス内部 大公開

 2023年1月に茗荷谷キャンパスが竣工した。今回、学生である中央大学新聞の記者が始業前に内部に潜入することは許されなかったので、法学部教授で新聞学会の部会長でもある森光氏に写真撮影を依頼した。

 


 大教室。天井からモニターが釣り下がっている。椅子は1つずつ独立しているので、隣の人の貧乏ゆすりにも耐えうる。




 エレベーター周りのスペース。天井が吹き抜けになっており、晴れた日は気持ちがよさそうだ。椅子がサイコロステーキのようだ。







 レトロで落ち着いた雰囲気の図書館と自習室。リラックスして本が読めるに違いない。しかし、自習室の椅子は腰が痛くならないか心配だ。






 地下1階にある食堂。こちらも図書館同様、まるで物語に登場する洋館のようだ。椅子には中央大学のエンブレムがデザインされている。



(椅子評論家:高松)

閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中大に資料館オープン、企画展も

4月1日、多摩キャンパスに「大学史資料館」と「法と正義の資料館」がオープンした。キャンパス奥の「炎の塔」に2つの資料館が収まる形となっている。本館2階、廊下を挟んで右の「大学史資料館」は英吉利法律学校に始まる大学の歴史を展示している。左の「法と正義の資料館」では基本的人権の尊重や、正義の実現を目指した法曹たちの業績が展示されている。ターゲットは主に高校生で、この資料館を通じて「社会正義を果たす人間

法学部必見 1年生がこの時期に「やっておいた方がいいこと」6選

この春、4年生を迎えた法学部在籍の記者が、これまでの3年間の自分や知人の「やっておいてよかった」「やっておけばよかった」を振り返り、1年生が今の時期にやった方がよいことについて、独断と偏見で記述していきたいと思う。 ①大学からのお知らせはこまめに確認する 特に履修登録期間中、抽選科目に関する通知は絶対に見逃さないようにしておくべきである。抽選に参加できないと、英語の授業を一限や土曜など不便な時間に

Comentários


bottom of page